沙川 貴大 〈 さがわ たかひろ 〉

 

〈沙川貴大様〉写真 

  

   東京大学 大学院工学系研究科

   物理工学専攻 准教授

   2011年博士課程修了

 


 

 私は2011年3月に物理学専攻の博士課程を修了しました。

学生時代は非平衡統計力学と情報理論を融合させ、いわゆる「情報熱力学」の理論的な研究をしていました。現在は工学系研究科の物理工学専攻で准教授をしています。

私は学部時代を京都大学で過ごし、修士課程で東京工業大学に入学、上田正仁先生のもとで理論物理学の研究を志しました。その後、ちょうど私が博士課程に進学するタイミングで、上田先生が東京大学に異動になりました。そのご縁で、私も物理学専攻に入学しました。

物理学専攻に在籍したのは博士課程の3年間だけでしたが、素晴らしい環境の中で大変充実した時間を過ごすことができました。博士課程の3年間で満足できる研究成果をあげることができ、また、他の研究室の方々との交流を通して物理学全般に関する教養を深めることができたと感じています。たとえば、佐野先生、そして佐野研究室のOBの方や学生さんと、深い学問的交流をすることができ、それが私の理論の実験的検証にもつながりました。

在校生の皆さんには、ぜひ自分が面白いと思うことに深く取り組んでほしいと思います。必ずしも流行を追う必要はありません。私の学生時代を思い出すと、自分の頭で自然を理解したいと思う素朴な気持ちが、何よりも大切だったと感じています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加