修論の本文を書く言語の選択(日本語か英語)/The language of your Master Thesis (Japanese / English)

学生向けお知らせ 2017/11/06

平成30年3月修了予定の修士2年生へ
Dear M2 Students completing Master’s degree in March 2018,

英語は下にありますEnglish follows Japanese.

論文題目を指導教員と決めたと思います。
論文本文をどちらの言語(日本語か英語)で書くのか理学系研究科にお知らせする必要があります。
そのため、次の点を教えてください。
締切:11月20日(月)9時まで

・本文を英語で書く場合
次のURLに必要情報を入力し、送信してください。
(必要情報:学籍番号、氏名)
※ URLはEメールで送りました

・本文を日本語で書く場合
ここでは特に手続きは不要です。

何かありましたら物理教務事務室までお知らせください。

*******

We assume you have decided with your Academic Supervisor, in which title you write your master thesis.
In order for us to transfer the information to Faculty of Science, please refer to the below and advise us
the language of your dissertation, by 9:00 am, November 20 (Mon.), 2017.

If you write in English, please fill the required information, such as your student number and your name,
in the web-form below.
* We sent this web form by e-mail.

If you write in Japanese, no registration is necessary at this moment.

If you have any question, please do not hesitate to ask Physics Academic Affairs Office.

Physics Academic Affairs Office

関連リンク : 2017年度 教務室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加