生まれたばかりの原始星に惑星系のもとになる円盤構造を発見

研究成果 2018/09/03

yamamoto_fig1東京大学大学院理学系研究科、理化学研究所、筑波大学、コペンハーゲン大学およびライデン大学の研究者からなる合同チームは、おおかみ座にある生まれたばかりの原始星 IRAS 15398−3359 をアルマ望遠鏡で観測し、その周りに半径 40 天文単位程度の大きさの回転円盤構造を発見しました。
山本研究室:http://www.resceu.s.u-tokyo.ac.jp/~submm/Welcome.html

論文URL:
http://iopscience.iop.org/article/10.3847/2041-8213/aad8ba

東京大学理学部のプレスリリース:http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2018/6022/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加