原子核形状の2次相転移をスパコンシミュレーションで発見

研究成果 2018/08/11

ootsuka大塚 孝治 名誉教授らが原子核形状の2次相転移をスパコンシミュレーションで発見しました。

論文URL:
https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.121.062501

東京大学理学部のプレスリリース:http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2018/5996/

関連リンク : 2018年度 原子核理論(A0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加