東京大学理学部物理学科・大学院理学系研究科物理学専攻
目的別メニュー 一般情報 物理学科進学案内 大学院入学案内 内部向け情報 サイトマップ

最終更新日:2013年12月9日

理学部・理学系専攻発行の証明書

海外渡航に関する届出書類



 
大 学 院 生
学部生

学術調査等のための

海外渡航申請書(2ヶ月〜)

/届(2ヶ月未満)

 PDF形式 DOC形式     詳細はこちら

 ※2ヶ月以上は渡航期間に注意:翌々月の出 発日前日と同じ日づけが帰国日の場合は2ヶ 月以上=長期にカウントされます。

 ex.渡航期間が10月15日〜12月14日の場合は 長期渡航になります。

 ※「渡航費・滞在費の出所又は負担先」が
 科学研究費補助金による渡航の場合には
 研究種目及び課題番号を必ず記載すること

PDF形式 DOC形式

海外旅行届(観光等)

PDF形式 DOC形式

帰国届(日本へ帰国)

PDF形式 DOC形式

    
   ※学振特別研究員28日以上海外渡航する場合は、「海外渡航届」(学振指定用紙)に研究科長印を 理学系大学院担当で押印してもらった上で、学振へ手続きしてください。


  ※留学生は、上記以外にこちらも提出すること。

 
大 学 院 生
学部生
一時帰国・海外渡航届
国際化推進室(101号室)にて用紙を受け取ること。

  

   【大学院生】指導教員の印鑑のあるものを物理教務にお持ちください。

           その後、理学系大学院担当(理学部1号館105号室)に提出してもらいます。

   【学 部 生】記入後、物理教務にお持ちください。

             その後、理学部教務担当(理学部1号館105号室)に提出してもらいます。

  ※海外渡航危機管理ガイドブックも確認してください。


在学延長・休学・退学等に関する書式

 

大学院生
学部

退学願・在学期間延長届  修士課程  博士課程

※在学年限(修士3年間・博士5年間)満了による退学の場合でも退学願が必要です。
※就職による場合は、就職先・職種を記入し
てください。

退学願

留年願

休学願

※通算期間上限は修士2年間、博士3年間です。
※病気以外の理由による場合は理由に応じた添付書類が必要です。
※病気による場合は診断書の添付が必要です。
※休学者は、復学する場合必ず復学届けを提出してください。
※復学届の提出がない場合も、休学期間満了後の授業料の債務は発生します。

復学願

※病気による休学の場合は回復した旨の診断書が必要です。

  

博士後期課程の学生を対象とした単位移行

 

概要 修士課程で超過して取得した大学院科目の単位を博士課程取得単位として振り替えられるものです。
対象 博士課程の方、全員が対象
申請方法

1) 修士課程時代の成績証明書を準備する

※ 自動発行機で発行できます。

(パスワード紛失は大学院担当(105号室)まで)

2)単位移行届  【PDF形式  DOC形式】を記入する

※ 指導教員の押印が必要です
※科目番号がわからない場合は、物理教務事務室にこれまでの便覧、履修案内がございますので、そちらを閲覧してください。

3)物理教務担当窓口(理1号館208号室)に提出

 

その他

  

【大学院】 改姓名届,学生証再発行願など