Physics,The University of Tokyo 東京大学理学系物理専攻・理学部理学科  
トップページ > TOEFL


平成19年度大学院理学系研究科
物理学専攻
修士課程・博士課程入学試験について

物理学専攻修士課程・博士課程入学者選抜方法が変わります!!

英語の選抜試験を廃止し、替わって出願時にTOEFLのスコアの提出を求めます。

 

 *今年はTOEFL導入初年度ですので、スコアの提出を筆記試験前日(8月28日必着)まで受け付けます。

 
 

願書にExaminee's Score Record のコピー添付できなかった人の送り先: 

〒113-0033

東京都文京区本郷7−3−1

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻

教務係り  

 
 

    *封筒に、「TOEFL スコア在中」と明記の上、ご送付ください。

 

 ▼これにともない、筆記試験は以下のようになります。


        修士課程  数 学
               物理学4題 
               (必修3題、選択3題のうち1題を選択)

              博士課程   物理学

 ▼TOEFLスコアについて
 → Examinee's Score Record のコピー(願書と一緒に提出すること)
 → Official Score Report(ETSから東京大学大学院理学系研究科に直接郵送されます)


    *コード番号を選択する場合は  8863(東京大学大学院理学系研究科物理学専攻)
       *送り先を選択する(書く)場合  Department of Physics, Graduate School of Science, University of Tokyo

   

   を選んで(書いて)ください。

  Official Score ReportはETSから東京大学大学院理学系研究科物理学専攻に直接郵送されますので、TOEFL受験の際には解答用紙に

  上記のコード番号、または、送り先を記入して下さい。

  これまでに受験した TOEFLのスコアレポートが必要な場合はScore Report Request Formにこのコード番号を記入 して下さい。

 → スコアの有効期限は2年間ですので、修士課程 2004年9月1日以降及び博士課程 2005年1月以降に受験したものに限ります。 大学院入試までの間に開催されるTOEFLの試験は回数が限られています。スコアが送られてくる時期を考慮の上、受験してください。


 → TOEFL CBT/iBT  については  こちら

 

  → 次世代TOEFLテスト(TOEFL-iBT)導入プランについて(5月からテストの形式が変わります。)

    

次世代TOEFLテスト(TOEFL-iBT)導入プラン変更のお知らせ
 

次世代TOEFLテスト(TOEFL iBT)が日本で今年5月に開始されるにあたり、現行のコンピュータ版およびペーパー版TOEFLテストは終了する予定でしたが、このたび米国ETSのTOEFLテスト公式ウェブサイトで、移行期間に限り日本では限定された地域でのTOEFL iBT導入となり、 他地域では一時的に現在の2形式が残存する可能性があるとの発表がありました。
5月導入時の限定地域や現在の2形式のどちらが残るのか等の詳細は未定です。

5月以降のTOEFLテストは、TOEFL-iBT, コンピュータ版、ペーパー版の形式に関わらず、予告なしに試験実施決定と同時に申込みが開始される可能性があります。
いずれの試験申込み希望者もTOEFLテスト公式WEBサイト(オンライン申し込みページ)を頻繁に確認してください。

詳しくは、米国ETSのTOEFLテスト公式WEBサイトをご覧下さい。

 

 

問い合わせ先 教務担当まで。

 

(注)TOEFLの受験では、有効なパスポート、またはTOEFLのための規定の身分証明書が
   必要です。パスポートを持っていない受験生で本学物理学科の方は、理学部教務係
    で規定の身分証明書を発行いたします。

お問い合せ/事務所所在地
All Rights Reserved, Copyright (c)2000-2005,Department of Physics,Graduate School of Science,The University of Tokyo