物理学科の沿革

物理学教室年表
明治  8南校仏語部、開成学校諸芸学科(仏語)を継承して東京開成学校に(仏語)物理学科創設さる。
明治 10東京開成学校と東京医学校を合併、法・理・文・医学部を設置し「東京大学」を創設。理学部に元開成学校の化学科、工学科に加えて数学、物理学、星学、生物学、地質学、採鉱学の諸科を設置。数学、物理学、星学は合わせて物理学科として運営。
明治 12初めて学士号の学位授与式を挙行。明治10年7月以降の全学卒業生55名。内物理学科12名。
明治 14理学部の数学物理学及星学科を数学科・物理学科・星学科の3学科に分離。
明治 34理科大学物理学科教授山川健次郎、総長に就任。
理科大学の物理学科を理論物理学科と実験物理学科の2学科に改編。応用数学講座廃止、理論物理学講座開設。
大正  8帝国大学令改正(分科大学を廃して学部を置く)。理論物理学科と実験物理学科を物理学科に統合。
大正 15理学部1号館(旧館)を新築。物理学科移転。
昭和 26理学部、従来の11学科を5学科に改編、天文学科、地球物理学科、物理学科を各教室として物理学科に統合。
昭和 30理学部1号館増築(物理学教室)。
昭和 32理学部物理学科教授茅誠司、総長に就任。
昭和 42物理学科を再び分離し理学部に天文学科と地球物理学科を設置。
昭和 44理学部4号館増築(物理学科)。
昭和 48物理学科卒業生江崎玲於奈 ノーベル物理学賞を受賞
平成  1理学部物理学科教授有馬朗人、総長に就任。
平成  5情報科学、物理学、天文学、地球惑星物理学、地理学の5専攻が改組整備され、理学系研究科として12専攻すべてが整備された。
平成 10理学系研究科・理学部西棟の竣工。
平成 14物理学科名誉教授 小柴昌俊 ノーベル物理学賞を受賞
平成 17理学系研究科・理学部中央棟の竣工。
平成 20物理学科卒業生 南部陽一郎 ノーベル物理学賞を受賞
平成 27物理学専攻教授・宇宙線研究所所長 梶田隆章 ノーベル物理学賞を受賞



小柴昌俊名誉教授ノーベル物理学賞関連の写真

koshiba

ノーベル賞を受ける小柴名誉教授
(2002年12月10日)

medal

ノーベル賞受賞メダル

理学部webページ内の特集ページへ

昭和初期の風景

history2

ニールス・ボーア氏(右)による講義

history3

実験室風景

history4
history5
history6

学生の談話風景

history1

学生食堂