卒業生の就職先

このページでは、学生の皆さんの学部、修士、博士課程、それぞれの課程修了後 の進路と就職先について説明しています。これらは、物理学科・専攻の就職支援室からのデータを基に作成しております。

■学部卒業生の進路

学部卒業生の約83%が物理学専攻の修士課程へ、約13%が他専攻や他大学の修士課程へ進学し、約2%の人が就職します。(2017・2018・2019年度の卒業生の合計209名のデータ)

■修士課程修了者の進路

修士課程修了者の約63%が物理学専攻の博士課程へ、約1.5%が他専攻や他大学の博士課程へ進学し、約35%の人が就職します。(2017・2018・2019年度の卒業生の合計298名のデータ)

■博士課程修了者の進路(単位取得の上退学含む)

博士課程修了者の約52%がアカデミックポスト(国内の大学や研究機関の常勤職やPD41%、国外の研究員やPDなどが11%)に就職し、約44%の人が民間企業や官公庁などに就職します。最近では、博士課程修了者を積極的に採用する民間企業が増える傾向にあり、メーカー系、IT系、金融、シンクタンク、コンサル、マスコミ関連など多方面で博士課程修了者が活躍しています。(2017・2018・2019年度の卒業生の合計183名のデータ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加