第77回年次大会(2022年) 日本物理学会学生優秀発表賞 物理学専攻学生が6名受賞

受賞・表彰 2022/05/30

第77回年次大会(2022年)日本物理学会学生優秀発表賞が発表されました。
本賞は物理学会大会における若手の優秀な発表を奨励し、大会をより活性化するために設けられ2018 年秋季大会より授賞が始まりました。
2022年 年次大会では、物理学専攻の学生6名が受賞しました。

宇宙線・宇宙物理
・村井 開 (宇宙線研 川崎研 D3)「SU(N)ナチュラルインフレーション」
・西脇 公祐 (宇宙線研 浅野研 D2)「銀河団の電波観測を考慮した高エネルギーマルチメッセンジャー放射の推定」
領域6
・吉田 研介 (低温科学センター 村川研 D3)「角度分解型量子Andreev反射観測装置の開発」
領域10
・松本 啓岐 (林研 D3)「2次元フォノニックグラフェンにおける表面弾性波フォノンの伝導特性」
領域12
・柴田 桂成 (秋山研 2022.3月修了)「陰イオンチャネルロドプシンGtACR1におけるレチナール発色団の構造変化とフォトサイクル」
・嶋屋 拓朗(竹内研 2022.3月修了)「三次元的に成長する大腸菌集団中のトポロジカル欠陥と極性秩序」
       ※掲載学年等は、2022年5月現在のものです

詳しくは日本物理学会のページをご覧ください。

関連リンク : 2022年度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加