2022年度 前期 物理学教室コロキウム

コロキウム・談話会 2022/03/22

第127回 コロキウム

【日時】第127回 2022年4月22日(金) 17:00-18:30
【講演者】松村 知岳(東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構 准教授)
  CMB偏光観測を用いたインフレーション宇宙の探索
  Probing the inflationary Universe with measurement of CMB polarization

  April 22, 17:00-18:30
  Department colloquium by Tomotake Matumura 
  (Kavli IPMU, The University of Tokyo, Associate Professo)

一般相対性理論を土台としたΛCDM宇宙論は6つの宇宙論パラメータによりシンプルに記述できることがわかっている。これを確立する上で重要な役割を担ったのが宇宙マイクロ波背景放射(Cosmic Microwave Background=CMB)の観測である。現在、このCMBの偏光観測により、宇宙初期にあったとするインフレーション仮説の検証に向けて世界的に熾烈な競争が行われている。大きな成功を収めたWMAP、Planckに続き次世代CMB観測衛星として、日本を中心にLiteBIRD計画が進められている。原始重力波Bモードを詳細観測することで テンソル・スカラー比 δr < 0.001を目指す計画であり、打ち上げは2020年代後半を予定している。本講演では、ΛCDM宇宙論の確立におけるCMBの役割に触れた後に、CMB偏光観測によるインフレーション探索とLiteBIRD衛星の概要と現状、さらに我々が担う役割を紹介する。そして時間が許す限りインフレーションだけでなくCMB観測を用いて探索できる新しい物理について議論する。

 

 

第128回 コロキウム

【日時】2022年6月10日(金) 17:00-18:30
【講演者】中村 哲(東京大学 大学院理学系研究科 教授)
  ハイパー原子核精密分光:電荷ゼロハイパー核、荷電対称性の破れ、重い中性子星の謎

  June 10, 17:00-18:30
  Department colloquium by Satoshi  Nakamura
(Graduate School of Science, University of Tokyo, Professor)

 

 

 

第129回 コロキウム

【日時】2022年6月17日(金) 17:00-18:30
【講演者】塩澤 真人(東京大学 宇宙線研究所 教授)
「ハイパーカミオカンデ計画」~ニュートリノ研究の次なる挑戦~

 June 17, 17:00-18:30
 Department colloquium by Masato Shiozawa  
 (Institute for Cosmic Ray Research, The University of Tokyo, Professor)

 

 


今学期のコロキウムはオンラインでの開催とな ります。
問い合せ: 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻事務室
jimu-phys.s@gs.mail.u-tokyo. ac.jp

関連リンク :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加