生物物理(A7)

分野:
生物物理学(実験)、生物物理学(理論)、統計力学、計算物理学・シミュレーション、数理生物学、構造生物学、蛋白質物性、脳神経科学、一分子生物学、バイオインフォマティクス
研究内容:
生物は物質で構成されている。したがって物理学を駆使して生命から脳の働きまでを理解できるはずである。生物物理学は、生物を分子や細胞に要素還元するとともに、それらが相互作用するシステムとして捉え、物理学の方法論によって生命現象の普遍的統一的理解をめざす。A7サブコースでは、分子、超分子、細胞、脳神経という各階層における物理と階層間をつなぐ物理の理解を目指して、実験的・理論的研究を精力的に展開している。

教員一覧

学科紹介ビデオ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加