東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 特任准教授もしくは特任講師(特定有期雇用教職員) 募集要項

公募情報 2023/01/10

1 職名及び人数
特任准教授もしくは特任講師 1名ないし2名

2 契約期間
決定後なるべく早い時期〜令和6年3月31日(最終任期満了日・令和13年3月31日)

3 更新の有無
更新する場合があり得る。更新する場合は年度ごとに行う。更新は、予算の状況、従事している業務の進捗状況、契約期間満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、健康状態等を考慮のうえ判断する。

4 試用期間
採用された日から6ヶ月

5 就業場所
東京大学大学院理学系研究科(東京都文京区本郷7-3-1)

6 所属
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻

7 業務内容
東京大学大学院理学系研究科COI-NEXT「量子ソフトウェアとHPC・シミュレーション技術の共創によるサスティナブルAI研究拠点」(サスティナブル量子AI研究拠点 https://sqai.jp/)の研究開発課題2「物質・材料科学のための多体問題量子シミュレーション手法開発」、あるいは研究開発課題3「量子埋め込みに基づく量子古典融合アルゴリズム」に従事する。量子コンピュータによる量子シミュレーション手法の開発と応用、あるいはテンソルネットワークやニューラルネットワークによる古典情報と量子情報との融合につながるアルゴリズムやソフトウェアの開発を進めると同時に、産学官の共創の場の形成にも意欲的に取り組んで頂ける人材を求む。

8 就業時間
専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分勤務したものとみなされる

9 休日・休暇
土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
年次有給休暇、特別休暇 等

10 賃金等
年俸制を適用し、月額55~65万円程度(業績・成果手当含め、資格、能力、経験等に応じて決定する。)、通勤手当(支給要件を満たした場合、月額55,000円まで)

11 加入保険
法令の定めるところにより、文部科学省共済組合、雇用保険に加入

12 応募資格
博士の学位を有する者(採用日までに取得していれば可)

13 提出書類
(1) 履歴書
(2) 研究業績リスト(原著論文、招待講演、受賞等)
(3) 主要論文5編以内の別刷り(コピー可)
(4) これまでの研究概要(A4判2ページ程度)
(5) 今後の研究計画(A4判2ページ程度)
(6) 意見を伺える方3名の氏名・連絡先

14 提出方法
提出書類をPDF形式の添付ファイルとし、Subject欄には「サスティナブル量子AI研究拠点特任准教授応募」あるいは「サスティナブル量子AI研究拠点特任講師応募」としてsenkocho@phys.s.u-tokyo.ac.jpまでお送りください。メール1通10 MB程度以内にし、必要に応じてパスワード保護してください。受け取りの返信を必ず差し上げますので、返信が無かった場合には必ずお問い合わせください。

15 応募締切
令和5年2月15日(水)(必着)
書類選考の上、合格者に対し面接を実施。

16 問い合わせ先
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授 藤堂眞治
e-mail: wistaria@phys.s.u-tokyo.ac.jp
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授 常行真司
e-mail: stsune@phys.s.u-tokyo.ac.jp

17 募集者名称
国立大学法人東京大学

18 受動喫煙防止措置の状況
敷地内禁煙(屋外に喫煙場所あり)

19 その他
◎本研究科では、男女共同参画を積極的に推進しています。
詳しくは下記URLの理学系研究科男女共同参画基本計画をご覧下さい。
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/overview/gender/
◎外為法等の定めにより、採用時点で、海外との兼業や、外国政府等からの多額の収入がある場合、研究上の技術の共有が制限され、本学教職員としての職務の達成が困難となる可能性があります。従って、兼業等については、本学における研究上の技術の共有に支障のない範囲に留める必要がありますので、予めご承知おき願います。
◎取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。

関連リンク :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加